コンサルティングサービス

JCMSでは、中国顧客企業が期待するコンサルティングの内容・目的・結果を分析し、直接的な最新技術・個別基盤技術の導入支援だけではなく、中国-日本企業間提携による技術導入、グローバル/日本市場における技術リサーチ・市場リサーチまでを有機的に組み合わせ、最適なコンサルティング計画を提案します。

海外企業向け日本研究院サービス

海外企業が要望する分野における 日本研究院(日本R&Dセンター機能)の企画・構築・運営を行います。
企業の中核を担う最新技術の導入支援や 事業全体に及ぶ幅広い技術分野のコンサルティングを行うためには、中国現地での技術支援や技術指導では不十分です。顧客企業が要望する目標を達成するため、情報流通量が圧倒的に多い日本国内に日本研究院(日本R&Dセンター)機能を構築し、必要な複数の技術専門家の求人から、コンサルティングスケジュールの設定、技術情報・市場情報の調査・収集、コンサルティング実務実施までを行います。日本国内の活動のみならず、中国現地へ出張しての技術指導も行います。

海外企業向け(現地)技術コンサルティング・サービス

比較的特定された分野における現場の業務改善を目的とする場合、該当分野に経験の深い技術専門家を 現地に派遣します。
事前に顧客企業と同意した中・長期のコンサルティグ計画に基づき、1ヶ月ごとの目標・月間スケジュール・達成進捗を明確にした技術支援を実施します。

海外企業向け日本パートナー・サプライヤー調査・折衝支援

技術支援だけではなく、日本企業から直接の技術導入が必要な場合、品質の高い原材料や部品の購入 あるいは 優良な設備や工作機械の導入 が必要な場合、JCMSでは当該分野の技術専門家が顧客企業のニーズ・スケジュールを十分に調査・分析した後、直接 該当する日本企業を調査し折衝を行います。
中国側顧客の課題と目的を十分に把握した日本人技術専門家が、日中双方の企業の間にはいり、より詳細な中国側の状況・要望を 日本側が理解し易い情報形式にして伝えることにより、折衝の確度・速度を向上することが出来ます。