浙江省のバイク部品メーカ向け生産管理コンサルティングの事例

プロジェクト背景

事業パートナーである浙江省に本店を置く地方銀行からの要請で、バイク部品メーカ向けの生産管理コンサルティングを進めています。
同社はオートバイのフレーム、鋳型、検査に、設計及び開発を備えたオートバイ部品の総合型工業企業で、フレームと付属品に関し100数万セットの生産能力があります。ISO9001などの認証も取得しており、品質管理と品質保証体系は整っています。現在従業員は900数人で、そのうち高級な技師、技術者が125人在籍しています。
董事長や幹部向けのヒアリングや工場の現場視察などで現状把握をしたところ、労働集約的で、生産効率の低い生産ラインがあり、不良率が高く、仕掛在庫が多いという課題を抱えていました。また幹部社員が引き抜きなどで退職するなどの課題も抱えていました。

プロジェクト実施内容

経営施策を立案し、統合的経営アプローチに基づく今後3年間の生産戦略(目標、現状把握、あるべき姿、課題抽出、アクションプラン)を策定の上、生産管理を中心とした更なる利益体質強化を実現する支援活動を提供しました。直近の1年間で、下記のようなコンサルティングを実施しました。

  • ■「KANBAN」生産方式導入
  • ■TPM設備保全計画の構築
  • ■塗装工場包装ライン組立ライン化
  • ■溶接、プレス、自働化推進計画
  • ■ERP導入教育及び導入準備

プロジェクト実施結果・効果

各種コンサルティングの提供により、以下のような成果が挙がっています。

  • ■かんばん方式を1機種で実施し、かんばん方式の今後の展開の基礎の定着化
  • ■塗装工場包装ライン化はAラインが完成
  • ■TPM活動の基礎が定着
  • ■経営の指数化が定着し、経営会議の目標管理の基礎が定着
  • ■金型設計標準が完成、金型置場の整備
  • ■品質教育の実施による品質解析力と品質意識が向上

case_ph_01

中国ビジネスに関するお問合せなど、お気軽にご連絡ください。

03-3556-4281(受付時間:平日10:00〜17:00)※土日祝休