ニュース情報

2012.02.13

メディア掲載「日本企業の敗北宣言は時期尚早か 心臓部は失っていない」

チャイナネットでスペシャルシニアアドバイザーの李克教授が日本経済における中国市場の重要性を指摘しています。

「このような状況下で、多くの財界トップや経済専門家から、 在来産業の改革と発展を一刻も早く行なわなければいけないという意見が出ている。 新たな利益の出所に関する大幅な調整を行い、地域的な調整も必要である。 アジア、特に中国にもっと視野を向けなければいけない」

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2012-02/13/content_24624710.htm